チャイキン・ボラティリティ

チャイキン・ボラティリティ (CHV) は、マーク・チャイキンによって開発されたインジケーターです。設定可能な特定の期間における価格の高低を見ることによってボラティリティを測定します。正確な計算には指数平滑移動平均(EMA)が含まれますが、一般的には、価格の高低差が広がるほど価格のボラティリティは高くなります。この指標は、潜在的なトレンド変化(長期的にボラティリティが低下した場合)を予測したり、リスクを評価したり(ボラティリティが突然増加する場合、市場参加者が神経質になっている事を意味する)などいくつかの方法で使用できます。CHVは、しばしば、他のシグナルや分析テクニックと組み合わせて使用​​されます。

ソース:
tradingview.com

共有

All data, analysis, information and graphics used on this site are provided by tradingview.com.
adds