DMインジケーター

DMインジケータは、トム・デマークによって開発されたテクニカル分析ツールで、現在の期間と前の期間の最高値を比較することにより、基礎的な商品の需要を測定します。これは、0と1の間の範囲を動く単一の線で構成され、基準値が0.5であるオシレータです。一般的な経験則として、買われ過ぎの水準は通常0.7に設定され、売られ過ぎの水準は0.3に設定されます。これらの水準では反転が予測され、先行指標とみなされます。このインジケーターは他のシグナルと組み合わせて使われることがよくあります。

ソース:
tradingview.com

共有

All data, analysis, information and graphics used on this site are provided by tradingview.com.
adds