相対力比較

相対力比較 (RSC) は、一つの有価証券と他の有価証券(対象有価証券)とを比較する基本的なインジケーターです。 トレーダーに強い有価証券を示し、弱いものを見極める助けとなります。 それは、有価証券の価格(分子)を対象有価証券価格(分母)で割ることによって求められます。 その値が上がればその有価証券は対象有価証券を凌駕しますし、下がれば対象有価証券がその有価証券を凌駕します。 このような状況下では、その有価証券価格が上がっていることは必ずしも必要ではありません。 対象有価証券より低い値なら、値が小さくなるのです。 その意味でこのインジケーターは、2つの有価証券の関係を表しているに過ぎません。 トレーダーはしばしばこの相対力を他の株価指標との比較で使用することが出来ます。しかしそれとともに、より強い市場を見つけるため、異なる資産種の指標を比較することにも使用可能です。 このインジケーターは、他の分析技法と併用するのが最善の使用方法です。

ソース:
tradingview.com

共有

All data, analysis, information and graphics used on this site are provided by tradingview.com.
adds